Home > 法人税 > 法人税の申告所得金額の総額は38兆円と大幅に減少

法人税の申告所得金額の総額は38兆円と大幅に減少

  • Posted by: 高頭 日出夫
  • 2009年11月 7日 10:44
  • 法人税

国税庁は平成20事務年度年度(平成20年4月決算から平成21年3月決算)における法人税の申告実績を公表しました。
 

【法人税の申告税額は前年比33.2%減少】
  法人税の申告所得金額の総額は37兆9,874億円、申告税額の総額は9兆7,077億円と前年度に比べ、それぞれ20兆8,370億円(35.4%)、4兆8,244億円(33.2%)といずれも大幅に減少しています。

【黒字申告割合は29.1%で初の30%割れ】
  黒字申告割合は29.1%と、前年度に比べ3.3ポイント減少しており、初めて30%を割り込んで過去最低となりました。


【申告欠損金額は86.8%増加】
  申告欠損金額は30兆9,291億円と、前年度に比べ14兆3,757億円と大幅に増加しています。そのため、今後の税収については『欠損金の繰戻還付制度』や『欠損金の繰越控除制度』の適用により大幅な減少が予想されます。

コメント:0

コメント投稿

トラックバック:0

このページのトラックバックURL
http://www.central-tax.com/mt/mt-tb.cgi/46
このページへのトラックバック一覧
法人税の申告所得金額の総額は38兆円と大幅に減少 from 税務・会計ブログ

Home > 法人税 > 法人税の申告所得金額の総額は38兆円と大幅に減少

検索
リンク集
Feeds

ページトップへ戻る