Home > 社会保険 Archive

社会保険 Archive

健康保険、介護保険料率が大幅に引き上げとなります

  • Posted by: 若林 和雄
  • 2010年3月31日 18:55
  • 社会保険

平成22年3月より健康保険料率及び介護保険料率が改定されます。給与収入の減少等により保険料収入が落ち込む一方で、少子高齢化により医療費が増加しているため、保険収支が悪化し制度維持のため保険料率の引き上げが避けられなくなっています。また、健康保険料率は、昨年の9月より全国一律から、都道府県ごとに料率が設定されています。

平成22年3月からの保険料率

「新潟県」

 健康保険料率

8.18% → 9.29% (労使折半負担)

介護保険料率

1.19% → 1.50% (労使折半負担)

 

月給20万円の方(介護保険被保険者) 月2,840円(労使折半負担)増

月給30万円の方(介護保険被保険者) 月4,260円(労使折半負担)増

 

なお、全国平均の健康保険料率は 9.34%です。

 

また、社会保険料は原則翌月徴収となるため、4月分給与控除分より保険料率が

改定となります。

 

 

 

9月から社会保険料率が変わります

  • Posted by: 若林 和雄
  • 2009年7月 8日 17:07
  • 社会保険

9月から健康保険料率及び厚生年金保険料率が変更になります。政府管掌健康保険は、昨年10月に「社会保険庁」から非公務員型の「協会けんぽ」へ運営が移された他、健康保険法の改正により今年9月から健康保険料率は全国一律から都道府県ごとに設定されることになりました。新たな健康保険料率は、都道府県ごとの加入者の医療費をもとに決定され、新潟県では0.02%の引き下げになります。一方「厚生年金保険料率」は平成29年にかけて毎年0.354%の料率引き上げが決定しています。

9月からの新潟県の健康保険料率   8.2% → 8.18%   (労使折半負担)

          厚生年金保険料率 15.35% → 15.704% (労使折半負担)

 

なお、 全国で健康保険料率が一番低い都道府県は 長野県の 8.15%

    全国で健康保険料率が一番高い都道府県は 北海道の 8.26% です。 

アーカイブページへ

Home > 社会保険 Archive

検索
リンク集
Feeds

ページトップへ戻る